【イタリア】宿泊税・観光税を現金で直接支払う必要がある

A09 地球の歩き方 イタリア 2018~2019

イタリアでは対象都市において宿泊税・観光税がかかります。

宿泊税・観光税について注意点等含めて記載します。

 

対象読者

  • これからイタリアの旅行を計画してる人
  • イタリアに仕事で行くことがある人

 

宿泊税・観光税を知らないとどうなる!?

イタリア2日目のチェックアウト時のことです。

僕は宿泊税・観光税のことが頭になく、前後の文脈が聞き取れず7ユーロ必要だと言われました。

イタリアはスリやお金のごまかしなどが多いと聞いていたので、この時はイタリア人からバカにされてお金取られそうになってるのかと思ってしまい、僕はホテルのスタッフに食い気味で「これなんのためのお金?ミニバーとか一切手を付けてないんだけど!」って言ってしまいました。

ちゃんと聞くとCity TAXと言ってたので、ようやく宿泊税・観光税のことなんだと分かりました。

ホテルのスタッフさん疑ってごめんなさい。

忘れてた僕が完全に悪いです。

ということなので、ホテルでお金を請求された場合、まず話をちゃんと聞きましょう。

そして、宿泊税・観光税の支払いがあることを念頭に置きましょう。

 

宿泊税・観光税がかかる都市

僕が行った以下の場所は全て必要でした。

その他有名なところでかかるのは以下です。

他にもかかる都市はあります。

以下のJTBのサイトが参考になります。

イタリア国内の都市宿泊税導入について | 海外航空券・海外ホテルの検索・予約ならJTB

 

今後も対象都市が増える可能性もあるとのことなので、旅行先で宿泊税が課税されるか事前に知っておくといいと思います。

 

宿泊税・観光税の支払いについて

支払い方法

どうやって宿泊税・観光税は払うの?という疑問が浮かぶと思います。

結論から言うと支払いタイミングはホテルによりますが現地のホテルでチェックインもしくはチェックアウト時に現金で支払う必要があります。

僕が行った当初はまず事前払いはできませんでした。

支払う金額

ホテルはそれぞれ1〜5★のランクが付けされてます。

1〜3★ランク:一泊2〜4ユーロ

4〜5★ランク:一泊4〜7ユーロ

※2泊したら1泊の宿泊税×2になります。

実際に支払った金額

ヴェネツィア 

ホテル名:Corte Contarina Hotel(コルテ・コンタリーナホテル)

ランク :3★

宿泊税 :3.5ユーロ/1泊

 

2泊したので、合計7ユーロでした。

 

フィレンツェ

ホテル名:Hotel il DUCA(イル・デュッカ)

ランク :3★

宿泊税 :4ユーロ/1泊

2泊したので、合計8ユーロでした。

ローマ

ホテル名:Hotel San Giusto(サン・ジュスト)

ランク :3★

宿泊税 :4ユーロ/1泊

2泊したので、合計8ユーロでした。

 

まとめ

イタリアはホテルのランクに応じて宿泊税・観光税がかかります。

しかも支払いは現地で現金で支払います。

1週間いるとだいたい3,000円相当の宿泊税・観光税が必要になりますね。

誰かの参考になれば幸いです。

 

A09 地球の歩き方 イタリア 2018~2019

A09 地球の歩き方 イタリア 2018~2019