人は感情に負ける生き物 「ストレスゼロの伝え方」/木村英一著

人は感情に負ける生き物

人は感情に負ける生き物。逆に言うと感情で動かせる。これを有効活用しない手はありません。

 

人は感情に負ける生き物である。ということの根拠は以下。

実際に経験ある人多いのではないでしょうか。

「ストレスゼロの伝え方」からより引用

目の前においしそうなケ ーキやビ ールがあると 、つい手が伸びてしまう 。ケ ーキをひと口食べたときの至福の一瞬 、ビ ールをぐっとあおったときの爽快感に負けるのです 。その人にとっても 、社会全体が負うべき負担を考えても 、誰一人幸せになる人はいません 。しかし 、太るとわかっていても 、空腹を満たしてくれる食べ物に対して抗いがたい感情を持つのは当然とも言えます 。それでも感情に負けて肥満化する人はさらに増えると予想されています 。程度の差こそあれ 、 「感情で人が動く 」のは 、人と人との対話でも同じことだと考えて取り組むほうが得策です 。

つい食べ物に手を出してしまうの分かる。

感情に負けるよね。俺もその一人。

感情に訴えられる伝え方をすれば言葉でも文章でも人は動くということ。

なので、感情に訴えられる魅力的な文章を書く勉強と訓練をするといい記事を書けるかもしれない。

勉強していい記事書けるようにします!