必要な睡眠時間を把握することの重要性

必要な睡眠時間を把握することの重要性

自分に必要な睡眠時間を把握することは重要です。

睡眠不足になることによる弊害 

睡眠時間を確保できていないことによる弊害は以下のようなものが考えられます。

  • 眠くて集中できず仕事が捗らない

  • 仕事が捗らないので、残業して遅く帰宅

  • 遅く帰宅することにより睡眠時間も削られる

  • 上記3つのループを繰り返してしまう。

  • これらのせいでプライベートでやりたいことをやる意欲も起きない

  • 1日を無駄にしたと後悔してしまう

  • 後悔すると自尊心が下がり、さらに理想の毎日から遠ざかる

 

最低限必要な睡眠時間を把握する

一時期自分は忙しい時どれくらい睡眠時間が取れればなんとか生きていけるのか試してみたことがあります。

 

結果として「7時間半は必要」という結論に至りました。

 

もちろん、必要な睡眠時間には個人差があると思います。

 

7時間半必要と判断した理由は以下の通りです。

  • 7時間半だと日中眠くならない
  • 仕事を終え23時頃帰宅という生活が一ヶ月続いても体調を崩さなかった
  • 逆に忙しくなく毎日遅くまで映画を見て睡眠時間も6時間未満のときは高頻度で頭痛、首、肩の痛みに悩まされていた。

 

この忙しくない時ほど夜更かししがちなので、意識して7時間半の睡眠時間を確保しようと思っています。

 

睡眠時間を把握したらあとはそれを毎日死守するだけ!

しかし、これが難しいです。必要な睡眠時間を死守できる仕組みを作ることをおすすめします。