工事のおじさんに学んだ3つのこと

今住んでいるアパートが工事されているが、一日(おそらく8時から18時の間)で60個くらいある下足箱と郵便受けの取り換えが行われていることに驚いたことがあったのでそれについて紹介したいと思います。

なんでこんなに早く、きっちりできるのだろうか。

なぜこれが成し遂げられるのか考えられることは以下の3つのことが考えられた。

(1)これをやるという目的意識がはっきりある

(2)制限時間が決まっている

(3)事前に下足箱を設計・構築しておいて導入するだけだった

f:id:PlusMemo:20141130233209p:plain

出典:工事中のイラスト(工事現場)無料イラスト素材

 

以下でそれぞれについて考えてみたい。

(1)これをやるという目的意識がはっきりある

 やはり、何も目的・目標がないより明らかに効率がよくなるということを示している一例であると思う。工事のおじさんたちは下足箱と郵便受けを導入するという目的に基づき動いていたので、ゴールもはっきりしていたからこんなに早く終わらせられたのだと思う。このことから目的・目標を決めることの大切さを再認識した。

(2)制限時間が決まっている

 これは(1)への相乗効果が期待できる。なぜなら、目標がある上に18時までに終わらせなければいけないという制限時間まで決まっているため、必然的にスピードもあがるからである。試験とかになると頭の回転が早くなったと感じることはないだろうか?あれは制限時間があることが関係あるのかもしれない。このことから制限時間があることで処理速度があがる可能性があるということを学んだ。

 

(3)事前に下足箱を設計・構築しておいて導入するだけだった

 当然考えることだが、事前に下足箱を設計・構築しておいて当日入れるだけだったからこんなにも早く終わらせられたのではないかと思う。しかし、これから何が学べるのだろうかと考えた。準備の大切さがこれから学べる。例えば、今日明日の準備をしておけば、明日の作業は楽に入れて早く終わるかもしれない。

 

以上の3つを意識して日頃生活すれば、毎日いろんなことを成し遂げられるのではないでしょうか?

明日からぜひやってみます。