小学生の時点で学んでいる人生で本当に大切な3つのこと

今日は、最近僕がふと感じた人生で大切なことって実は小学生の時点でもうどの人も学んでいるのではないかということを書きたいと思います。

タイトルでは3つと書きましたが、本当は3つ以上あると思いますが、僕が今日気づいた3つを書きます。

その小学生の時点で学んでいる人生で本当に大切なことは下記の3つです。

(1)相手の気持ちになって考えよう

(2)分からないことがあったら聞こう

(3)元気な声であいさつしよう

 

この3つの中で僕がどれができていないか考えました。結論から言うと全部できてません。

(1)相手の気持ちになって考えよう

  これは、よく友達とかにお前自分の都合ばっかり言わないで俺らのこともかんがえろよなとかたまに言われます。

  このことで自分ができることとしては、まず自分の都合を言うのではなく、まず相手の都合を伺って自分の都合を言うという対策ができますね。

 

(2)分からないことがあったら聞こう

   これは、僕やろうとするのですが、こんなことも分からないなんて恥じゃないかとか忙しい状況なのに聞いておこられたらどうしようとかプライドや感情が邪魔をしてうまく聞けないことがよくあります。

 できることとしては、とりあえずプライドはまずいらないし、当然だが自分でできるだけ調べて分からなかったら聞く、相手のスケジュールを把握しておくということができると思います。

 

(3)元気な声であいさつしよう

   実際一番できていないのはこれだと思う。挨拶はするけど、「おはようございます」と小さめの声でしか挨拶できていません。もし、大きな声で挨拶したら朝から元気な気持ちになれるのではないかと思います。

   これは、ただいつもより声を出すだけなので、すぐにでも実践できますね!早速あった人に実践してみたいと思います。

 

みなさんも小学生の時に学んだ大切なことができているか再確認してみると自分の改善点が分かっていいかもしれませんよ!