わかる微分・積分~微分積分を学ぶモチベーションになる2つのこと~

わかる微分積分微分積分を学ぶモチベーションになる2つのこと〜

今日は最近読んだ「分かる微分積分」という本から学んだことを紹介したいと思います。所謂書評ブログというやつですね。

 

突然なんですけど、僕は今20代なんです。なんで、20歳にもなって微分積分を学ぼうとしたかと言うと確率統計の勉強をしていて微分積分の知識が必要になったからです。

最近思ったのですが、必要になってから学ぶってなんで学ばなければならないかという目的が明確になっていいですね。高校の頃は何で微分積分をやる必要性があるんだと疑問に思っていたので、あんまり身についてないんです。。。やっぱり目的意識って重要だと感じました。この本には何で微分積分を学ぶのかって必要性があるかもしっかり書いてありました。

で、なんで微分積分を学ぶ必要性があるかと言うとこの本に書いてあったことを引用するならば、

1.微分積分は楽をするためにある

これは、ケプラーという学者が天体の動きの法則を見つけるために、天体観測と計算を数十年行ったんですね。だけど、これは微分積分を使えばなんと普通の大学生で1時間ほどで計算できるものなんですね。数十年が1時間ですよ??すごいと思いませんか??だから微分積分を学ぶんです。基本的には学問は人間が楽をするために過去の人たちが考えたものです。やっとこのことがわかりました。小学生くらいで気づいておけばよかった。。。今気づけたのでよかったですが^^

 

2.今年日本人が飲んだビールは東京ドーム何個分?

よくニュースで東京ドーム何個分とか言うことをいいまよね?

このような日常的に聞くことにもなんと微分積分が使われているんです。

自分も驚きでした。

実際に東京ドーム何個分とか言ってビールを東京ドームに注ぐわけにはいきません。

それを計算するために積分が使われます。

こう考えると自分の自分は年間東京ドーム何個分の水を飲んでるのかなということを調べることも可能ですね笑

 

こんな感じで微分積分は必要とされているんですね!

 

「わかる微分積分」は数学的知識がそこまでない人でも理解できるように工夫されている本だと思います。たとえば、文系の人でも読める1冊だと思います。

 

こんなに微分積分って役に立っているんです!

僕もモチベーションが上がりました!勉強頑張ります!!