【断捨離】取扱説明書などの紙でWebで検索して出てくるものを捨てる

Web上に存在する取扱説明書は捨てる

 僕の断捨離の基準として使用頻度が年に1回あるかないかの取扱説明書などはWEBで出てくる場合は捨てています。そんなものに部屋を占領されるのは場所の無駄遣いだし、電子であれば検索も早いので時間も削減できるし、劣化もしません。もちろん、使用頻度の高いものは紙で置いておくのもありだと思います。そのため、家電製品の取扱説明書やパンフレットなどはWEBで型名やパンフレットの名前で検索するとPDFファイルが検索結果に出てくるので、それをGoogleドライブに保存し、どこからでも見られるようにしています。取扱説明書も貯まれば場所を占領するものになってしまうので、一度試してみてください!案外使わないし、電子でも十分ですよ!

自分の必要なものと時間が増える方法が学べる本! 「人生を思い通りに操る 片づけの心理法則」/メンタリストDaiGo著

毎日何かを探すのに時間をかけていたらより読む価値がある

毎日探す時間が3分かかっているものを0にできれば年間で3*365=18.25時間ほぼ1日分の時間を増やすことができる。努力も時間も積み重ねで想像以上に増える。

捨てるべきものを選ぶ技術はいらない

巷の断捨離技術として溢れている捨てるべきものを選ぶ技術はいらない。

ストレスは確かに減ることを実感できる!! 「はじめてのGTD ストレスフリーの仕事術」/デビッド・アレン著

実践してみてわかったGTD

この本の一番の要点は頭の中にあるタスク(気になること)を全て頭の外、すなわちシステムや手帳などになんでもいいので追い出すことである。

これをプライベートでも仕事でもすぐに気になることがあった場合、頭の外に出すようにしました。僕の場合は、ToodleDoというTODO管理のWEBサービスにプライベートのタスクを管理するようにしました。仕事ではセキュリティ上使えないのでOutlookのタスク管理を使っています。これだけで、あー忘れていたというストレスもなくなるし、システムにあることで常に目にタスクが入り、タスクを完了させなければ気持ちが悪くなります。これで、仕事もいつの間にか着手できるているというサブ的な効果もありました。

まずは簡単なので、一度頭の中にあるタスクを頭の外に追い出す習慣をつけることをお勧めします。その他の小手先のTODO管理よりこれがまず基本になるのかもしれません。やったことのない人は試しに1日でもいいのでやってみてください!!!

Amazon prime videoのおすすめアニメ

ぼくはAmazon prime会員なので、prime videoが見放題です。子供のころからよく見ていた名作アニメが見放題なので、ついつい見てしまっています。現在閲覧可能なおすすめアニメをご紹介します。基本的に漫画がアニメ化されたものなので、漫画を読まれる方はご存知の方もいらっしゃると思います。

 

メジャー

言わずと知れた名作野球アニメだと思います。努力、仲間の大切さなども学ぶことができます。そして何より吾郎が男らしすぎてかっこいいです。基本的に原作を踏襲していると思います。

 

金色のガッシュベル

ガッシュやキャンチョメがとってもかわいく愛着が湧きます。心の暑くなる名言も多く、見ていてモチベーションが上がります。ゼオン編は原作とは違った終わりになっています。しかも、ゼオン編で最終回になってしまうところがちょっと惜しいです。

 

スラムダンク

バスケ漫画としては一番有名だとぼくは思っています。ストーリー性も最高だし、キャラも個性が強く覚えやすいです。こちらも基本的に原作踏襲ですが、オリジナルストーリーもあります。ただ、原作は31巻までありますが、アニメは実質22巻くらいまでの内容になってます。それでも内容は間違いなく面白いので、おすすめです。

 

ReLIFE

これは最近のアニメです。毎回毎回青春を思い出させるような言葉やシーンがあり、胸が締め付けられるような感覚になります。オープニング曲も内容とあっており、聞くたびにいい曲だなぁと思います。エンディングは毎回違う曲で10年くらい前に流行った曲が選ばれており、これもまた青春を匂わせます。キュンキュンしたい方におすすめです。

 

鋼の錬金術師

話がよく考えられていると思います。オープニングも昔から大好きだった曲ばかりでテンション上がります。原作と終盤の話が違いますが、この終わり方も好きです。

 

鋼の錬金術 FULLMETAL ALCHEMIST

原作を踏襲してます。もちろんこっちの終わりも好きです。

 

ポケットWifiを乗り換え!!!

ポケットWIFIの乗り換え

ちょうど以前契約してから2年経過したので、ポケットWIFIを乗り換えることにしました。調査の結果GMOとくとくbbに乗り換えることにしました。

僕はワイヤレスゲートからの乗り換えです。

 

参考にしたサイト

ポケットWiFiを比較してわかった1番おすすめはこれだ【2018年6月版】

ポケットWIFIの比較からGMOとくとくbbの申し込みの手順まで書いてあり、非常に参考になりました。

 

最新2018年6月!ポケットWiFiキャンペーン比較【これだけで完結!】

いくつかのサイトで共通しておすすめしている会社を選択しようと思い、1つ目にあげたサイトの比較用に参考にさせていただきました。このサイトもまたわかりやすい。

 

WiMAXの乗り換えを成功させる3つの手順とは!? | WiMAX比較.com〜プロバイダおすすめランキング〜

ポケットWIFIの乗り換えで損しないにはどうしたらいいかという観点で参考にさせていただきました。

 

騙されるな!WiMAXのキャッシュバック全社徹底比較と危険な注意点

GMOとくとくbbでキャッシュバックを受け取る方法・注意点について参考にさせていただきました。

 

GMOとくとくBBは初月無料でなく日割り!制度を活かした申し込みベストタイミングを徹底伝授!

GMOとくとくBBを月のどのタイミングで契約すべきかについて参考にさせていただきました。

 

必要ない!GMOとくとくBBの安心サポートがいらない理由と解約方法

GMOとくとくBBで安心サポートの契約が必須だったので、必要か疑問を持ったため、参考にさせていただきました。

 

GMOとくとくBBの公衆無線LANの接続オプションはいる?必要な人の特徴や解約方法

GMOとくとくBBで安心サポートと同様に公衆無線LANの接続オプション契約が必須だったので、必要か疑問を持ったため、参考にさせていただきました。

電子レンジが突然壊れた話

ある日仕事が夜遅く終わり家に帰ってみると、えええっ電子レンジの外窓が割れてる!?

 

f:id:PlusMemo:20180612230710j:image

 

どこかにぶつけた覚えもないし、ここ2,3日使ってないのになんで割れるの!?空き巣か!?といろいろ疑念を持ちましたが電子レンジ以外何の異常もありませんでした。電子レンジの強化ガラスは自然に割れることがあるのか?という疑問を持ちました。

調べてみると突然割れたというような記事をいくつか見つけました。

https://qa.mamari.jp/question/2140888

 

https://m.srad.jp/comment/1623443

 

電子レンジは外窓が割れた場合使うのは危険なようなので使うのは控えた方がいいようです。

 

ヨドバシカメラで5年保証つけたPanasonicの電子レンジだったのですが、4年目だったので、購入価格(19800円)の50%分の修理代が帰ってくることになりました。ヨドバシカメラに電話して外窓まるっと全部交換してもらって14000円でした。なので、だいたい4000円くらいの出費で済みました。普通に買えばもっとするので、ヨドバシカメラさん助かりました。ありがとうございました!

 

複数ファイルのレコード件数をファイルごとに一括でカウントする方法

実行環境:Windows
前提ソフトウェア
 ・Sakura Editor
 ・Microsoft Excel
状況
 C:\testに以下のファイルが存在するとする。
  20180601_data.txt
  20180602_data.txt
  20180603_data.txt
  20180604_data.txt
  20180605_data.txt

ファイルの内容
(固定長形式だが、CSV形式でも同様に適用可。)
キーはYYYYMMDDNNNNNである。
  YYYY:年
    MM:月
    DD:日
 NNNNN:00001~99999までの連番
20180601_data.txtの中身。それ以外のファイルは20180601の箇所の01が日付となる。
2018060100001    test01
2018060100002    test02
2018060100003    test03
2018060100004    test04
2018060100005    test05
2018060100006    test06
2018060100007    test07
2018060100008    test08
2018060100009    test09
2018060100010    test10
2018060100011    test11
2018060100012    test12
2018060100013    test13
2018060100014    test14

方法1
(1)Sakura Editorを開いて以下の条件でGrepする。
以下条件は環境に合わせて編集してください。

 条件:[0-9]{13}?
 ファイル:*.*
 フォルダ:C:\test
 サブフォルダからも検索するにチェック
 正規表現にチェック
 結果出力:該当行
 結果出力形式:ファイル毎

 Grep結果は以下のようになる。

 □検索条件  "[0-9]{13}?"
 検索対象   *.*
 フォルダ   C:\test\
     (サブフォルダも検索)
     (英大文字小文字を区別しない)
     (正規表現:bregonig.dll Ver.1.46 with Oniguruma 5.9.2)
     (文字コードセットの自動判別)
     (一致した行を出力)


       ■"C:\test\20180601_data.txt"  [SJIS]
       ・(     1,1    ): 2018060100001    test01
       ・(     2,1    ): 2018060100002    test02
       ・(     3,1    ): 2018060100003    test03
       ・(     4,1    ): 2018060100004    test04
       ・(     5,1    ): 2018060100005    test05
       ・(     6,1    ): 2018060100006    test06
       ・(     7,1    ): 2018060100007    test07
       ・(     8,1    ): 2018060100008    test08
       ・(     9,1    ): 2018060100009    test09
       ・(    10,1    ): 2018060100010    test10
       ・(    11,1    ): 2018060100011    test11
       ・(    12,1    ): 2018060100012    test12
       ・(    13,1    ): 2018060100013    test13
       ・(    14,1    ): 2018060100014    test14
       ■"C:\test\20180602_data.txt"  [SJIS]
       ・(     1,1    ): 2018060200001    test01
       ・(     2,1    ): 2018060200002    test02
       ・(     3,1    ): 2018060200003    test03
       ・(     4,1    ): 2018060200004    test04
       ・(     5,1    ): 2018060200005    test05
       ・(     6,1    ): 2018060200006    test06
       ・(     7,1    ): 2018060200007    test07
       ・(     8,1    ): 2018060200008    test08
       ・(     9,1    ): 2018060200009    test09
       ・(    10,1    ): 2018060200010    test10
       ・(    11,1    ): 2018060200011    test11
       ・(    12,1    ): 2018060200012    test12
       ・(    13,1    ): 2018060200013    test13
       ・(    14,1    ): 2018060200014    test14
       ・(    15,1    ): 2018060200015    test15
       ■"C:\test\20180603_data.txt"  [SJIS]
       ・(     1,1    ): 2018060300001    test01
       ・(     2,1    ): 2018060300002    test02
       ・(     3,1    ): 2018060300003    test03
       ・(     4,1    ): 2018060300004    test04
       ・(     5,1    ): 2018060300005    test05
       ・(     6,1    ): 2018060300006    test06
       ・(     7,1    ): 2018060300007    test07
       ・(     8,1    ): 2018060300008    test08
       ・(     9,1    ): 2018060300009    test09
       ・(    10,1    ): 2018060300010    test10
       ・(    11,1    ): 2018060300011    test11
       ・(    12,1    ): 2018060300012    test12
       ・(    13,1    ): 2018060300013    test13
       ・(    14,1    ): 2018060300014    test14
       ・(    15,1    ): 2018060300015    test15
       ・(    16,1    ): 2018060300016    test16
       ■"C:\test\20180604_data.txt"  [SJIS]
       ・(     1,1    ): 2018060400001    test01
       ・(     2,1    ): 2018060400002    test02
       ・(     3,1    ): 2018060400003    test03
       ・(     4,1    ): 2018060400004    test04
       ・(     5,1    ): 2018060400005    test05
       ・(     6,1    ): 2018060400006    test06
       ・(     7,1    ): 2018060400007    test07
       ・(     8,1    ): 2018060400008    test08
       ・(     9,1    ): 2018060400009    test09
       ・(    10,1    ): 2018060400010    test10
       ・(    11,1    ): 2018060400011    test11
       ・(    12,1    ): 2018060400012    test12
       ・(    13,1    ): 2018060400013    test13
       ・(    14,1    ): 2018060400014    test14
       ・(    15,1    ): 2018060400015    test15
       ・(    16,1    ): 2018060400016    test16
       ・(    17,1    ): 2018060400017    test17
       ■"C:\test\20180605_data.txt"  [SJIS]
       ・(     1,1    ): 2018060500001    test01
       ・(     2,1    ): 2018060500002    test02
       ・(     3,1    ): 2018060500003    test03
       ・(     4,1    ): 2018060500004    test04
       ・(     5,1    ): 2018060500005    test05
       ・(     6,1    ): 2018060500006    test06
       ・(     7,1    ): 2018060500007    test07
       ・(     8,1    ): 2018060500008    test08
       ・(     9,1    ): 2018060500009    test09
       ・(    10,1    ): 2018060500010    test10
       ・(    11,1    ): 2018060500011    test11
       ・(    12,1    ): 2018060500012    test12
       ・(    13,1    ): 2018060500013    test13
       75 個が検索されました。


(2)Grep結果をExcelのA列に貼り付ける
(3)B列に以下数式を入れA列のデータが入っている箇所までコピペする
=MID(A1,1,1)
(4)C列に以下数式を入れA列のデータが入っている箇所までコピペする。
=IF(B1 = "■", MATCH("■", OFFSET(B1, 1, 0, COUNTA(B:B), 1), 0) - 1, "")
(5)上記のままだと最後のファイルの件数がN/Aになってしまうので、B列の一番最後の行の次の行に■を入れる


方法2
(1)Sakura Editorを開いて以下の条件でGrepする。
以下条件は環境に合わせて編集してください。

条件:[0-9]{13}?
ファイル:*.*
フォルダ:C:\test
サブフォルダからも検索するにチェック
正規表現にチェック
結果出力:該当行
結果出力形式:ノーマル

Grep結果は以下のようになる。


□検索条件  "[0-9]{13}?"
検索対象   *.*
フォルダ   C:\test\
   (サブフォルダも検索)
   (英大文字小文字を区別しない)
   (正規表現:bregonig.dll Ver.1.46 with Oniguruma 5.9.2)
   (文字コードセットの自動判別)
   (一致した行を出力)


C:\test\20180601_data.txt(1,1)  [SJIS]: 2018060100001    test01
C:\test\20180601_data.txt(2,1)  [SJIS]: 2018060100002    test02
C:\test\20180601_data.txt(3,1)  [SJIS]: 2018060100003    test03
C:\test\20180601_data.txt(4,1)  [SJIS]: 2018060100004    test04
C:\test\20180601_data.txt(5,1)  [SJIS]: 2018060100005    test05
C:\test\20180601_data.txt(6,1)  [SJIS]: 2018060100006    test06
C:\test\20180601_data.txt(7,1)  [SJIS]: 2018060100007    test07
C:\test\20180601_data.txt(8,1)  [SJIS]: 2018060100008    test08
C:\test\20180601_data.txt(9,1)  [SJIS]: 2018060100009    test09
C:\test\20180601_data.txt(10,1)  [SJIS]: 2018060100010    test10
C:\test\20180601_data.txt(11,1)  [SJIS]: 2018060100011    test11
C:\test\20180601_data.txt(12,1)  [SJIS]: 2018060100012    test12
C:\test\20180601_data.txt(13,1)  [SJIS]: 2018060100013    test13
C:\test\20180601_data.txt(14,1)  [SJIS]: 2018060100014    test14
C:\test\20180602_data.txt(1,1)  [SJIS]: 2018060200001    test01
C:\test\20180602_data.txt(2,1)  [SJIS]: 2018060200002    test02
C:\test\20180602_data.txt(3,1)  [SJIS]: 2018060200003    test03
C:\test\20180602_data.txt(4,1)  [SJIS]: 2018060200004    test04
C:\test\20180602_data.txt(5,1)  [SJIS]: 2018060200005    test05
C:\test\20180602_data.txt(6,1)  [SJIS]: 2018060200006    test06
C:\test\20180602_data.txt(7,1)  [SJIS]: 2018060200007    test07
C:\test\20180602_data.txt(8,1)  [SJIS]: 2018060200008    test08
C:\test\20180602_data.txt(9,1)  [SJIS]: 2018060200009    test09
C:\test\20180602_data.txt(10,1)  [SJIS]: 2018060200010    test10
C:\test\20180602_data.txt(11,1)  [SJIS]: 2018060200011    test11
C:\test\20180602_data.txt(12,1)  [SJIS]: 2018060200012    test12
C:\test\20180602_data.txt(13,1)  [SJIS]: 2018060200013    test13
C:\test\20180602_data.txt(14,1)  [SJIS]: 2018060200014    test14
C:\test\20180602_data.txt(15,1)  [SJIS]: 2018060200015    test15
C:\test\20180603_data.txt(1,1)  [SJIS]: 2018060300001    test01
C:\test\20180603_data.txt(2,1)  [SJIS]: 2018060300002    test02
C:\test\20180603_data.txt(3,1)  [SJIS]: 2018060300003    test03
C:\test\20180603_data.txt(4,1)  [SJIS]: 2018060300004    test04
C:\test\20180603_data.txt(5,1)  [SJIS]: 2018060300005    test05
C:\test\20180603_data.txt(6,1)  [SJIS]: 2018060300006    test06
C:\test\20180603_data.txt(7,1)  [SJIS]: 2018060300007    test07
C:\test\20180603_data.txt(8,1)  [SJIS]: 2018060300008    test08
C:\test\20180603_data.txt(9,1)  [SJIS]: 2018060300009    test09
C:\test\20180603_data.txt(10,1)  [SJIS]: 2018060300010    test10
C:\test\20180603_data.txt(11,1)  [SJIS]: 2018060300011    test11
C:\test\20180603_data.txt(12,1)  [SJIS]: 2018060300012    test12
C:\test\20180603_data.txt(13,1)  [SJIS]: 2018060300013    test13
C:\test\20180603_data.txt(14,1)  [SJIS]: 2018060300014    test14
C:\test\20180603_data.txt(15,1)  [SJIS]: 2018060300015    test15
C:\test\20180603_data.txt(16,1)  [SJIS]: 2018060300016    test16
C:\test\20180604_data.txt(1,1)  [SJIS]: 2018060400001    test01
C:\test\20180604_data.txt(2,1)  [SJIS]: 2018060400002    test02
C:\test\20180604_data.txt(3,1)  [SJIS]: 2018060400003    test03
C:\test\20180604_data.txt(4,1)  [SJIS]: 2018060400004    test04
C:\test\20180604_data.txt(5,1)  [SJIS]: 2018060400005    test05
C:\test\20180604_data.txt(6,1)  [SJIS]: 2018060400006    test06
C:\test\20180604_data.txt(7,1)  [SJIS]: 2018060400007    test07
C:\test\20180604_data.txt(8,1)  [SJIS]: 2018060400008    test08
C:\test\20180604_data.txt(9,1)  [SJIS]: 2018060400009    test09
C:\test\20180604_data.txt(10,1)  [SJIS]: 2018060400010    test10
C:\test\20180604_data.txt(11,1)  [SJIS]: 2018060400011    test11
C:\test\20180604_data.txt(12,1)  [SJIS]: 2018060400012    test12
C:\test\20180604_data.txt(13,1)  [SJIS]: 2018060400013    test13
C:\test\20180604_data.txt(14,1)  [SJIS]: 2018060400014    test14
C:\test\20180604_data.txt(15,1)  [SJIS]: 2018060400015    test15
C:\test\20180604_data.txt(16,1)  [SJIS]: 2018060400016    test16
C:\test\20180604_data.txt(17,1)  [SJIS]: 2018060400017    test17
C:\test\20180605_data.txt(1,1)  [SJIS]: 2018060500001    test01
C:\test\20180605_data.txt(2,1)  [SJIS]: 2018060500002    test02
C:\test\20180605_data.txt(3,1)  [SJIS]: 2018060500003    test03
C:\test\20180605_data.txt(4,1)  [SJIS]: 2018060500004    test04
C:\test\20180605_data.txt(5,1)  [SJIS]: 2018060500005    test05
C:\test\20180605_data.txt(6,1)  [SJIS]: 2018060500006    test06
C:\test\20180605_data.txt(7,1)  [SJIS]: 2018060500007    test07
C:\test\20180605_data.txt(8,1)  [SJIS]: 2018060500008    test08
C:\test\20180605_data.txt(9,1)  [SJIS]: 2018060500009    test09
C:\test\20180605_data.txt(10,1)  [SJIS]: 2018060500010    test10
C:\test\20180605_data.txt(11,1)  [SJIS]: 2018060500011    test11
C:\test\20180605_data.txt(12,1)  [SJIS]: 2018060500012    test12
C:\test\20180605_data.txt(13,1)  [SJIS]: 2018060500013    test13
75 個が検索されました。


(2)Grep結果をExcelのA列2行目に貼り付ける
(3)テキストファイルウィザードでスペースごとに分割する。
(4)1行目に各項目のタイトルを付ける.(適当にabcd)とかでいい。
(5)Excelのリボンから挿入-ピボットテーブルを選択する。
(6)行にa列、Σ値にaのデータ個数を選択する。